43歳女性 当選確率の低さを知り宝くじを買うのをやめた

ここ最近宝くじをめっきり買わなくなりました。数年前に買うのをやめたのです。

それまでは「サマージャンボ」「年末ジャンボ」など高額当選の宝くじを毎年のように買うのが習慣になっていました。親の影響が大きいと思うのですが、私の家では両親がジャンボ宝くじを買っては「当たったらどうしようか~?」とワクワクしながら会話しているのを子供の頃から見てきました。しかもテレビを付ければ宝くじコーナーでジャンボくじを購入する人の行列が映され、「さあ、あなたも今買えば億万長者の仲間入りできるかもよ」とこちらの射幸心をくすぐってくるのです。そんな影響もあって「ずっと買っていればいつかは当たる」と信じて、自分も20年以上宝くじ高額当選に夢を抱いて買い続けていました。

しかしあることをきっかけに私は宝くじの夢から醒めました。
それは「宝くじで高額当選する確率は非常に低い」ということを知ったことです。
あらゆるギャンブルの中でも宝くじの高額当選は特に確率が低いと。
例えば1等3億円が当たる確率は1000万分の1だとか、10万円の当選でも確率は10万分の1とか…。

なんだか現実を知らされて夢が壊れました。と同時にいろいろ考えました。
思い返せばたしかに毎回のように宝くじにハズレてはガッカリして落ち込み「もう次は買うのやめようかな」と思ったりもしていました。しかし売る方も実に上手くて、また忘れた頃に盛大に「夢」を売り出すのです。そしてそれに引っかかる自分…。そうです、私は夢を買っていたのです。

これまで宝くじに費やしたお金でいったい何が買えただろう?
現実的に考えるとなんだかバカバカしくなってきてきました。宝くじの購入代金で家具や家電を買ったり旅行に行くなどすれば、もっと現実の生活が充実していたはずです。日頃スーパーや百貨店のセール情報を見て節約に励んでも宝くじ購入ですべてがパー。お金をドブに捨ててるようなものです。

確かに宝くじを購入してから当選番号が発表されるまでのあの時間はある意味夢のようなものです。決して悪いものではありませんでした。夢をありがとう!です。しかし私は夢から醒めました。
それ以来まったく宝くじは買っていません。

63歳 男、宝くじは夢を買いましょう。

私は都内に住む男性です。妻と子供、犬が1匹で一軒家に住んでいます。,ちょうど妻と婚約して結婚資金を貯めている時に宝くじを買いました。まず、当たる事はないと思っていましたが、夢を買うと言う意味で楽しみは在りました。当時は、ナンバーズもロト6、7も無かったので東京都くじか年末ジャンボくじくらいしか在りませんでした。

仕事が早く終わり渋谷駅に着いた時に宝くじ売り場が在りました。10枚バラで買うことにしました、買った宝くじをバックの中に放り込み買った事すら忘れかけていました。抽選日が過ぎ、そう言えば宝くじを買ってあったのを思いだして、当選番号を見ました。すると3等100万円が当たっていたのです。当然結婚資金になりました。

結婚してらも宝くじを買い続けました。何回か10万円が当たり更に深みにはまっていきました。結婚してからは小遣い制になったので宝くじを買う時は一月の資金繰りが大変でした。

宝くじもギャンブル依存症に似たものが在って買わずにいられなくなっていました。最初は10枚しか買っていませんが段々欲が出て20枚、30枚と買うようになってしまいました。当たる訳もなく過去さかのぼって考えてみると100万円を遥かに超えていました。

考えてみると組番号と下の番号が合う事が在りえない程無い事に気付き始めました。それでもまだ10枚は買い続けていたのですが、年間単位で当たる事は在りませんでした。ただ、今迄買っていたのが悔しくなりました、最後に一回当たれば元が取れると思うようになりましたが、買う資金を作るのが大変で、当時依存していた時は苦になららかったのですが、余りなくなると、資金を出す事が苦になり始めました。

結局、何かの運で当たったとしても、それ以上に投資をしてしまい、返ってお金を使ってしまう様に出来ている様です。以来殆ど買う事が無くなりましたが、たまに買っていますが、期待をせずに、夢を買ったと思い、ちさな夢です.

40歳男 ハズレを楽しめなくなった宝くじ

そろそろ40代を迎える地方に住む男性です。宝くじを買わなくなったのは、20代中盤くらいからです。
それまで、特に大学生時代はアルバイトをしてもらったお金に少し余裕がある時は、ナンバーズやロト6など自分で数字が選べる宝くじを買っていました。その頃は時間にも余裕があったので、前回のあたり数字などから予想して、自分で数字を選んで購入するというのがちょっとした楽しみでもありました。しかし、就職して時間の余裕が無くなり、転勤なども頻繁にある仕事でしたので、売り場なども目につかなくなり、いつのまにか買わなくなっていました。
20代中盤から買わなくなったと、最初に書いたのですが、数年前に家族に促されて年末ジャンボを購入したことが2度くらいありました。新年は家族でその宝くじの結果を新聞で確認しながら、盛り上がれるのかなぁと思っていたのですが、妻も子供も新年の朝、遅くまで寝ていました。
新年の朝、早く起きてしまった私は、宝くじの結果が気になって仕方がなく、新聞を取ってきて一人でハズレの確認をして、遅く起きてきた家族に結果をばらしてしまい怒られるということになってしまいました。次の年も同じように一人で結果を見てしまうという事になり、家族でわくわくしながら結果を見るという購入時に思い描いていた楽しみは実現することはありませんでした。
宝くじは結果が出るまでは夢が膨らんで楽しいのですが、ハズレの結果が出ると購入代がもったいなかったなぁと思ってしまうようになったので宝くじを買わないようになってしまいました。
外れても次は当たると思いながら買えるときは、外れても楽しめる時だと思います。そういう気持ちの時は宝くじを買って良い時だと思うし、そういう方が宝くじを当てるんだろうなと思います。
でも、現在の私のように外れた時にもったいないと思うようになってきたら、買ったつもりでそのお金を貯金やちょっとした贅沢に回した方が幸せなのではないかなぁと思います。あくまで私個人の感想ですが。

36歳女、夢を大金出して買いたくなくて買わなくなった

私は三十代でフリーランスをしています。二十代の頃は必ずサマージャンボと年末ジャンボを購や入していました。収入も少なくて、毎月貯金することもできないような辛い毎日で、宝くじを購入して当選したらこの苦しい生活から抜け出すことが出来ると考えたからです。25歳くらいから年に二回、五十枚ずつ購入し続けていましたが、高額当選どころか、300円以上は当たったことがありません。周りには宝くじで百万円以上当たったという人もいたので、当たらないのではないだろうかというような不安はありませんでしたが、あるときに宝くじの高額当選は雷に当たるよりも可能性が低いということを聞いて、宝くじを買い続けていて意味があるのだろうかと思うようになったのです。
七年ほど宝くじを買い続けていましたが、一度宝くじを買いそびれてしまったことがありました。買う予定だったのにと悔しい思いにもなりましたが、ギリギリで生活をしていたなかで、宝くじ購入のためにと多めに下ろしていたお金15000円が手元に残り、余裕が出たのです。ちょうど年末だったので、飲み会なども続いていたことから、15000円でも余裕が出たことで、次の宝くじを購入するかどうかを悩んでしまいました。そして、これまで宝くじにかけたお金を計算して、もしも宝くじを買わなければどれだけお金に余裕ができたのかを数字にすることで、紙切れに踊らされていたなと思い、宝くじを購入することを辞めてしまいました。
そのお金があったら、美味しいものを食べられただろうし、旅行にも行けたはずです。それを紙切れに使ってしまったことに後悔しかありません。確かに、高額当選をする人はいますが、可能性がほぼほぼゼロに近い、最も効率が悪いと言われているギャンブルを続けることは意味がないと分かり、あれは夢を買うものだという人もいますが、余裕もないのに夢をわざわざお金を出して買う意味も分からないので、宝くじからは完全に手を引きました。

49歳女 嫌なことをきっかけに宝くじ購入なんて悲しい!

はじめまして、一攫千金をできることならまだ夢見ていたい2児の母です。
宝くじは大好きで、年末ジャンボ、グリーンジャンボははもちろんスクラッチも余裕があれば購入してきました。
今も通りすがりのスクラッチをしてししまいそうです。
少額ですが、スクラッチで2500円当たったこともありました。

聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、嫌な事、マイナスのことがあったときに宝くじを買うといいと私は聞き覚えていました。
子どもが骨折して手術が必要だったときに、病院からの帰り道、スクラッチでもやるか~なんて
こんなにたいへんな目にあったんだから当たるかもよ!と。
そうして購入したときに当たったのが2500円でした。
たった少しでしたがこれは本当だったんだ~と思い、それからは購入方法をこれにしました。
人からちょっと嫌みを言われたり、肩をぶつけられたり、目当ての場所に行くときに遠回りしてしまったり、友人が遅刻して映画を観られなかったり、雨に降られたり、お皿を割ってしまったり、父が入院したときも買ったりしました。
結果はすべてパーでした。悪いこと嫌な事の度合いが大きいと、当たるのでは?という期待が高まり、
逆に大きくがっかりする結果になってしまいました。
外れのスクラッチカードで何ペアかトランプができるんじゃないでしょうか?
もったいないなあと素直に思いますし、宝くじを買おうと思っているから不幸のジャッジがささいなことでもカウントされてしまいました。
意外と・・不幸を数えると多いんですね!私の人生こんなに宝くじを買うきっかけがつくれるんだ。と
たいへん虚しくなりました。こんな根性の人間には良い運はこないですね。
でもまったく何をやってもダメな年まわり、出番のない年に限り、逆に当たるというのも聞き、
こんな話が大好きでまた買ってしまいそうになります。懲りないですが、自分の子どもに言われた
宝くじって詐欺なの?という素朴な疑問が一番私の心に刺さっています。
いいえ詐欺ではありません!が、しかし心を落ち着けて売り場を横切ることにしています。

40歳男 宝くじより資産運用の方に興味が出て買わなくなりました

私は40代の男性で、事業としては個人事業主をやっています。主に、記事などのライティングやアンケートモニター・タイピングなどのデータ入力をやりながら生活しています。ただ、そこまで儲かっているわけではありません。
正直なところ、なんとか今は生活はできてはいますがお金が欲しいと思ったことくらいはあります。ただ、お金に関しての執着心は人と比べてもそこまであるわけではありません。気楽に、ある程度困らないくらいに稼げればいいくらいのことは思っています。
さて、よく一獲千金のチャンスがあるというイメージでみられやすいのが宝くじだと思われます。私は、以前は少しばかり宝くじを売り場で買っていたことはあります。
といっても、年末ジャンボ宝くじみたいな大きな節目のイベントで少し参加した程度で、あとはスクラッチの宝くじが比較的好きで買っていました。買う量は20枚程度で、1枚300枚程度で連番タイプのもの10枚とバラと呼ばれるタイプ10ずつで合計6千円くらいが買っていた時の予算でした。
ただ、現在は宝くじを買うことはないかなという思いを持っています。
その理由ですが、確実に儲けたいということを考えるのであれば宝くじはかなり不向きなのではないかという考え方を持ったためです。
こうした宝くじを当てることを本気で極めるならば、おそらく毎回くじの発売日に買っておいたほうがよいことはいえるでしょう。しかし、毎月の購入資金を宝くじに当てるほど正直なところ心の余裕も予算面もそうありません。まったくこれからも買わないというわけではないのですが、より自分の力で稼げる方法のほうが納得できると思うわけです。
宝くじの購入より、今感心を持っているものがあります。それは、資産をどうやって運用していくかということです。例えば、資産を預けることで運用したり株・仮想通貨の取引をすることなどが興味のある分野です。
もちろん損をするリスクもありますが、きちんとこれを極めてお金を儲けておきたいという考え方のほうが強くなりました。
このような理由で、宝くじを買わないことにしました。後悔していることは、特にありません。逆によかったことは、お金の有効活用について考えることができたことがいえます。
アドバイスできるようなことがそこまであるわけではありませんが、あくまでも宝くじの購入はもし買うのならば期待しすぎない程度で、もう少し心の余裕があるときに購入したほうが良いのかなという感想は持っています。
宝くじを当てるなどの運に頼るのも一つの方法ではありますので、購入すること自体を否定していません。しかし私の場合は、自分の得たスキルも使いながら稼げるようにしたいという考えがあります。今は、資産の運用をがんばりたいかなと思い勉強を始めているところです。

40代男 一攫千金より地道な積立で夢を追います。

現在40代の1児の父です。
定年してからは不労所得のみで生活できるようにしたいと思っています。
昔は周りでも「宝くじでも当たれば仕事なんかしなくても生活していける」とか言っていたので宝くじを買うこともありましたし、年末には何十万円も買う友人を見てきたりもしました。
しかし、統計学的にはやはり当たることは難しいです。というか身近で当たった人を知りません。
夢を買うことと、発表までのどきどき感を買うことに否定する気はありません。
宝くじを買う目的にもよると思いますが、私の場合は、将来的な不労所得が目標ですので、一攫千金でなくていいことに気づいたわけです。それよりも、現実的に考えた場合、積立投資をした方が確立が高いことがわかりました。
もちろんアパート経営とかもいいのですが、リスクもあるため、極力ローリスクで考えました。
仮に不労所得での生活費を年間500万円と考えると1億円を5%で運用できれば達成することができます。
では1億円を作るためには、単純計算ですが毎月10万円(年間120万円)を5%で運用しながら35年間積立てれば達成することができます。20歳から積立を開始すれば55歳で達成できますし、30歳から積立を開始しても65歳で達成できます。
宝くじを買い続けて楽しみながら当たる確率にかけるか、時間はかかるけれど地道な積立で達成するか、どちらがいいとは一概に言えないかもしれませんが、私の場合は宝くじよりも積立に魅力を感じてしまい、それ以降宝くじは一切買わなくなりました。
宝くじの当選金はかなり高額になり、5億円、7億円とかになっています。もちろん当選すればその額はとても嬉しいものとなりますが、その金額が必要なのかという疑問がでてきます。
1億円を作ることが可能であれば、2億円、3億円も十分可能です。もちろんしっかりした計画に則って積立をする必要はありますが、一攫千金より夢があるように思います。
積立投資は時間がとても大切です。
「不労所得」という言葉を知ったのは25歳のときで、それから勉強を重ねてしっかり軌道に乗るまでは少し時間がかかりました。もっと早くに知っていればと思います。1年でも2年でも早くから始めることで資産を大きくできるので、もったいなかったなぁと思います。
それでも、知ることができ、実践できていることに関しては家族の理解も含めて感謝しています。

35歳女 急に宝くじへの熱が冷めてしまった

現在は子供が3人いるママです。
私は親があまり賭け事のようなものが好きじゃなかったし、子供の頃に家の周りには「宝くじ」を販売している場所もなかったためあまり興味をもたずに過ごしてきました。

大人になって仕事を始めてからも変わらず、かけ事に興味がなかったので「宝くじ」売り場を前にしても購入することなく過ぎ去っていました。

ですが、仕事を始めて少し慣れた頃に、ちょうど自分のデスクの近くで上司と上司の友人が「○○さん仕事を辞めたんだって。どうも宝くじが当たったらしくて事業を始めるなんて聞いたわよ」という話をしていました。

「そんな大金があたることもあるんだ」と心の中で思っていたけど、それほど興味を示すこともなく仕事をしていたところ、上司から「みんなで今日宝くじでも買ってみない」と声を掛けられました。

あんまり興味はないけれど、上司からのお誘いだからととりあえず一緒に宝くじ売り場へ行ってみました。

なんとなく賭け事だし、「お金がもったないな」と思いつつも職場の近くの駅でみんなで買うことになりました。

みんなで買ったので、結果は「○○日だなんて」帰り道も少し楽しく盛り上がっていました。

結果を見た日、けっきょく私は当たることがなかったですが、上司は10枚つづりの連番で買ったので、1枚は金額が少ないものの当たってました。

それを楽しむように「当たらなくても、こうやってみんなで宝くじを買うのも楽しいわね」と発言に、「まぁ。みんなで楽しむためにこうやって宝くじを買うのも楽しいかも」と思い始め、1枚じゃあたらないから、次は少し枚数を買おうと少しずつ増やしていき、10枚つづりで買うこともありました。

1カ月もしたころ、なんとなく習慣化してしまった宝くじの購入に数千円を使っていたものの、当たる金額はほとんどなしの状態。

賭け事は「もしかしてと期待」して、ずるずると続けてしまうし、もしかしたら当たっているかもなんて仕事中ウキウキしてしまう自分でしたが、このお金があれば誰かとランチして楽しむ時間に変えられたかもと思い始めるとすーっと熱が冷めてしまいました。

上司にはそれから「お金ピンチなんで……」と言い訳をして、宝くじは買わなくなってしまいましたが、一緒にいって宝くじを買っている時間は楽しかったり、共通の話題になりましたが、単純に宝くじを買ってその時間を楽しむだけでなく、確率が低いの「当たるかも!!」と期待してずるずるとやるのは怖いと思いました。

その「宝くじ」を時間を楽しむというのであれば、一つよいのかと思いますが、現実主義的な人やそもそも賭け事があまり好きではない人は、そのお金を使って違う時間を楽しんだ方がいいと思います。

42歳男性 1等当選は夢の世界なので買うだけ無駄だった

私は、自営業を営む40代の男性です。趣味は、読書になり雑誌や小説が好きになります。そんな私が、3年前まで読書以外に楽しみにしている事として「宝くじ」がありました。宝くじと言えば、1等前後賞合わせて数億円が貰える夢のような娯楽です。私が宝くじを買い始めたのは、今から15年以上前の25歳ぐらいになります。きっかけは、夏に大阪に用事で来ていた時、くじ販売店の前を通った事から始まります。このくじ販売店は、テレビなどで紹介されていてよく当たると噂です。店を見ると、数十人が並んでいて1等を当てたい感じの人たちが列を作っています。

私は、宝くじに対してあまり好感がなく興味もありませんでした。しかし、大阪に電車で1時間30分かけて来た私は、このまま手ぶらで帰るのも寂しいので1枚だけ宝くじを買う事にします。「1枚300円のサマージャンボ宝くじ」を買った私は、財布に入れて家に帰ったものです。それから、当選発表の日を期待せず迎えた時、驚きの「5等3000円」が当たっていました。1等ではなく5等でしたが、私は3000円という金額に感動してうれしくなります。金額をもらいにくじ販売店へ行き、3000円を頂いた時初めて実感したものです。それから私は、宝くじを買う事が好きになり夏と冬に大阪の販売店へ行く事にします。

1回に購入する枚数は、10枚にして3000円を使います。当選発表の日は、新聞を楽しみにして数字を確認したものです。しかし、その後、宝くじは、1円も当たる事なく40代を迎えてしまいます。購入費用と電車代だけが消費されて、結局宝くじを買うのを辞めた私。後悔より、1等を期待した自分がバカらしくなり現在に至ります。宝くじに夢を託している人へ、アドバイスするとしたら1等の期待より娯楽程度に楽しむ事が良いです。間違っても1回に100枚以上購入すると、必ず後悔がやってくる言えます。数億円の1等は、オリンピックで金メダルを獲る事より難しいみたいです。

33歳女、当選確率を知って正気に戻る

私は30代前半の女性で会社員をしています。就職をして間もない頃から宝くじを購入し、毎年夏や年末に当たらないかな?当たらないかな?とワクワクしていました。なかなか当たることはなく、当たりが良くてもせいぜい1万円が限度でしたが、私の親がしょっちゅう10万円を当てていたので、私もいつか当たりが来ると思っていました。社会人歴が長くなると、生活費にも余裕が出て来て、友達と遊びに出かけたりするとお互いの運試しと称して100円くじやスクラッチをする頻度も上がってきました。そんなある日、いつものように友人と宝くじを買いながら、そもそも当たる確率ってどのくらいなんだろう?という話になり、調べてみることにしました。すると、1等は自分達が思っているよりも遥かに難易度が高く、5万5000人収容の東京ドーム363個の中から1人が選ばれるのと同じ確率だと知り、自分達がいかに夢を見ているのかを突きつけられました。そして、その夢を買うために記憶のある範囲で一体いくらつぎ込んだのか概算をしてみました。するとスマホの電卓には考えたくもない恐ろしい数字が表記されていました。このお金を使うことなく貯めていたのなら今頃、旅行をしたり欲しい家電をサラッと買えたに違いないと思うと一気に冷静になり、宝くじという名の超高確率で紙くずになる存在にお金をかけていることがバカらしくなりました。それ以降、宝くじの購入はスッパリやめました。今でも時々、もしかしたらという気持ちが沸くことはありますが、いや当たらない。競馬の方が当たるっていうんだから、無謀過ぎると思い直し、買うことをしていません。
夢を買うことを否定しませんし、購入することを遊び感覚でやっているのであれば特に止めることは無いと思います。しかし、人生一発逆転だとか少し欲しいものを我慢して買おうというようなことをしているのであれば、さっさと止めた方が余程財布に優しいです。現実をよく見て、夢が叶う確率はどんなものか理解して欲しいと思います。